<   2009年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
●桜が咲いているのに
すっかり遠くへ行っておりました。
ずーっと坂本氏のツアーブックレットのCDばかり聞きながら仕事してました。他のCDが聞けなくなってしまって、特にポストクラシカルと言われる室内楽風〜の音楽が全然聞けなくなってしまった訳です。今聞くなら、生音なしのエレクトロニカ、感電しそうな電気っぽいのがいいです。(笑)
てぃろてぃろ♪なんてピアノが悪戯に時々聞こえるような音楽が聞けない。その位、今は坂本氏の音楽(ピアノはツールの一つであって、それが全てではない)に圧倒されています。

この先、何を聞こう…



てんてんてん...



ですが、少しずつ回復(?)しているようです。
今聞いているのが、

HOOVERPHONIC "BLUE WONDER POWER MILK"
d0130837_17222816.jpg



ジャケットきれい。

先程、ラジオでベルギーのホワイトアスパラ(有名らしい)が話題になっていて、その流れでオンエアーされたのがHOOVERPHONICの"EDEN"、厳かなホーンのイントロで始まる名曲(なんですねー)。私も例にもれずときめいてしまって、がさごそCDを探し出しました。

ここずっとHOOVERPHONICは聞いていないのだけれども、1st,2ndは今も大好きなアルバム。
ベルギーに行きたい〜

過去関連ブログ
http://blog.livedoor.jp/maribinoche/archives/2526316.html
[PR]
by allisfulloflov | 2009-03-31 17:28 | 音楽・映画・TV
●繭の中にいます
昨日、Ryuichi Sakamoto Playing the Piano 2009に行って来ました。
広いステージに坂本さん1人、そして大きなピアノが2台(1台はデーター用で“一人デュエット”と言うらしい、笑)。

非常灯が消されて、モノトーンの空間にピアノの音が響く。
1音1音が蝶のように舞い降りてくる。
愛でるようにピアノを弾く指に片思い。
身動きできない。

今朝も身体ごと音の中、
繭の中にいるみたい。

素人さんみたいにお辞儀する坂本さんが微笑ましかった。



d0130837_10254961.jpg



こちらは、ツアーブックレット、『out of noise』な気分でサカモト氏が選曲した「ライブで弾きたい」30曲(25曲の未発表音源と5曲の既発音源)を収録した2枚組CDと6冊の小冊子によるツアーブック、この2枚のCDが嬉しい。
繭の中から出たくなくなるじゃない?

ryuichi sakamoto
playing the piano 2009
_out of noise tour book CD

disc 1
01:concerto no.3 in d minor after alessandro marcello,
bwv 974 II adagio
02:tango
03:asience
04:flower is not a flower
05:amore
06:normandia
07:energy flow
08:opus
09:seven samurai
10:mizu no naka nobagatelle-suntory old cm
11:koko
12:undercooled
13:women without men
14:silk endroll
15:sweet revenge

disc 2
01:tamago
02:lost child
03:bolerish
04:lost theme
05:bibo no aozora
06:rain
07:tibetan dance
08:happyend
09:thousand knives
10:merry christmas mr. lawrence
11:the sheltering sky
12:the last emperor
13:parolibre
14:aqua
15:put your hands up


全曲、坂本氏の解説付き、素晴らしいです。
[PR]
by allisfulloflov | 2009-03-20 10:35 | 音楽・映画・TV
●映画『ブラディ・サンデー』(2002年、アイルランド)
今日は予想最高気温20度、春。
いつもの道を歩いていると、どこからともなくあの匂いが、忘れられない春の匂い。
季節の匂いは、いつも思い出を連れてくるから、思い出に会いに行きたくなる。
思い出はまだ待っていてくれる?




d0130837_1048381.jpg



夕べ、夕食の片付けをしながらなんとなく見た映画『ブラディ・サンデー』血の日曜日事件をドキュメンタリータッチで描いた映画)に心が支配されてしまう。手持ちカメラのせいか、カメラの動きと見ている自分の視線(気分)がすっかり一致してしまって、現場に放り出されたような錯覚に陥る。人々の恐怖を共有しているような、それはとても居心地が悪くて。

以前、アイルランドに行ったことがあるのも関係しているけれど、北アイルランドのベルファストに入った時の街の空気、今も忘れられない。あの息が詰りそうな気配、抑圧されたエネルギーをひしひしと肌で感じて、逃げるようにしてベルファストを後にした。とにかくなんだか恐かった。
当時はまだIRAの活動が活発で、ロンドンでの爆破テロの話題も珍しくなかった。

この映画のラストで、ライブバージョンの"Sunday Bloody Sunday"(言うまでもなくU2の)が、字幕つきで流れて、何度も聞いているこの曲の重みを改めて感じて、こみ上げるものがあったけれども、私が涙を流すのはおこがましい気がしてぐっと我慢、のほほんと生きてきた自分がそんなこと…
人間らしく生きることから、隔絶された人々の戦いの前に言葉を無くすしかない。



d0130837_1049969.jpg




ブラディ・サンデー (2002) UK / Ireland <Bloody Sunday >
http://erginarslan.blog.so-net.ne.jp/2008-12-14-1
(お借りします)
[PR]
by allisfulloflov | 2009-03-17 11:07 | 音楽・映画・TV
●YMO祭り
d0130837_106174.jpg


YMO "TECHNODELIC"

"BGM"に引き続き聞いてます。
格好良い、良すぎます。
当時(1981年)、テクノと言われた彼らの音楽は、あたかも21世紀を知っていたかのような音。
古くないとか新しいとか、そういう単純なことではなく、偉業と言っても良いと思います。

テクノ、エレクトロニカ、音響系……のアーティストたちがいまだにひれ伏すしかない最高傑作。
(Amazonより)


そうか、ひれ伏すしかないのね。(笑)
私の音楽中毒はこの音で発症したのかも…
そして細野さんって、やっぱり凄い人だと思います。
[PR]
by allisfulloflov | 2009-03-14 10:08 | 音楽・映画・TV
●YUKIHIRO TAKAHASHI "ONCE A FOOL,..."
春らしくなってきた今日この頃、今朝も清々しい〜♪
来週は教授のピアノコンサート、実は東京では初の生教授、札幌では一度だけ、矢野顕子さんのライブでサポートメンバーに徹する彼の姿を見ました。高校生でした、私。
当時、バンドを組んでまして(あー恥ずかしい)、ドラムの彼がユキヒロ氏のファンで、ギターの彼はYMOのファン、集まって聞くのはいつもYMOや彼ら3人のレコード(←ここ重要、笑)でした。

という訳で昨日、電車の中で急に聞きたくなったのが高橋幸宏氏の"ONCE A FOOL,..."(←Amazonのレビュー)。



d0130837_1014790.jpg



今、聞いてもいい。心が舞い戻ってしまう、あの頃に。
もちろん教授、細野さんも参加しています。
ユキヒロ氏のアルバムは、1990年代の始め頃まで聞いていて、その後聞いていません。
今も大活躍のようですね。気になっているのですが…この方

午後はYMOを聞こうかな。
今聞くなら、やっぱり"BGM"
[PR]
by allisfulloflov | 2009-03-13 10:15 | 音楽・映画・TV
●Last Days "The Safety Of The North"
d0130837_1714116.jpg



UKのLast DaysことGraham Richardsonのn5MDからリリースされた新作"The Safety Of The North"

アートワークがとても好きです。
少女の写真に東欧の匂いを感じるとは家人(写真やってます)の言葉、
東欧に行ってみたいな、憧れの地。

このアルバムを聞いていると生まれた場所に帰りたくなってしまう。
春はまだまだ遠いのに冬が終わってしまう、冬と春の間にそんな中途半端な時期があって、
空は暗くて、解けた雪が道路を汚していて切なかった。
でもその切なさが、恋しい。
恋人たちは切ない心と冷えた体寄せ合って、短い春をね、夢見る季節。

過去関連ブログ last days "these places are now ruins"
http://fulloflove.exblog.jp/8565391



d0130837_17144362.jpg
[PR]
by allisfulloflov | 2009-03-09 17:19 | 音楽・映画・TV
●トリップ
ここのところ、素敵な音楽に恵まれています。
なので…仕事が手につかない、いえ、思い直して手を動かしておりますが。(お客様、御心配なく、笑)



d0130837_16452686.jpg


Sleepy Town Manufacture & Unit 21 "No Traces"

まず、ジャケットが気になって、それからロシアのアーティストということで聞いてみたいと思ったアルバム、エレクトロニカなアンビエント。昨日↓の教授(今日もラジオに出ていましたね)の新作を聞いたり、このアルバムを聞いたりしていると、どこか遠いところに気持ちが行ってしまう。聞いているという行為を軽く超越して、魂みたいなものが旅に出てしまうような、まさしくトリップ。(笑)決して危ない人では…でも音楽は時として危ないかもしれない。

先日、ある人と音楽について話しをしていて、
「好きか嫌いか以前に、はっとするような意外性(個人レベルでOK)が欲しい」
うんうん、そうだよねと、そんな風に意見が一致した。

うんうん、このアルバムもそう。

詳細
http://www.discogs.com/Sleepy-Town-Manufacture-Unit-21-Dalshe-8-02-02/release/1603242

http://www.myspace.com/sleepytownmanufacture

http://www.myspace.com/stanislavvdovin
[PR]
by allisfulloflov | 2009-03-05 16:50 | 音楽・映画・TV
●ryuichi sakamoto "out of noise"
d0130837_15513510.jpg



http://skmt09.com/album/index.html

こちら聞いています。
これは良いと思います。好きです。
正直、あまり期待していませんでした。(ごめんなさい、坂本さん)
アンビエント?
うーん、アンビエントという言葉だけで括ることのできない音楽。
ある人が日本人の“黒”があると言っていたけれど(水墨画とか)、このアルバムが紡いでいる音は、そんな黒やその黒が滲んでいる様を彷佛とさせる。

もちろんフルアートワークCDを購入しました。
美しいブックレット、アートディレクション&デザインはいつもの中島英樹氏。

夜の音、終わりゆく音、そんな印象。
コンサートが楽しみ。

http://music.goo.ne.jp/special/skmt/index.html


てんてんてん...


今朝、ラジオを聞いていたらジュリエット・ビノシュの声が…
フランス映画祭2009の団長(←強そう、笑)、そしてダンスパフォーマンスの公演ドローイング展で来日しているそうです。
ここ最近、クシシュトフ・キェシロフスキ監督の映画を観ていて、ビノシュのこと考えていたからちょっとびっくり、会いたいです。


あ、仕事中です…戻ります。
そわそわしちゃう。(笑)
[PR]
by allisfulloflov | 2009-03-04 15:52 | 音楽・映画・TV
●Balmorhea "All Is Wild, All Is Silent"
d0130837_1159781.jpg



Balmorhea(テキサス州にある地名らしい)の3rdアルバム、"All Is Wild, All Is Silent"
昨年リリースされた2nd、"RIVERS ARMS"は、春を連れてきてくれるような音だった。そして時折の寒さに梅がふるえる季節に届いたこのアルバムの曲も生命が目覚める春とリンクするような…春の隣席に置いておきたいアルバム。
前作よりもより膨らみを持った音に感情が揺れてしまう、耳も心も奪われてしまう。
聞きながら何かしたいのに、その音に気持ちが動いてしまってかなわない。

Balmorheaは、こんな人たち、oh! なんか凄くアカデミックな雰囲気。(笑)

http://www.myspace.com/balmorhea
[PR]
by allisfulloflov | 2009-03-01 12:16 | 音楽・映画・TV



ビョーク大好き、音楽依存症な洋服屋の徒然
by allisfulloflov
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
LINK
カテゴリ
全体
音楽・映画・TV
写真・アート・音楽
eat・音楽
エトセトラ・音楽
洋服屋エゴセントリックビノシュ
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧