カテゴリ:エトセトラ・音楽( 32 )
●東京高円寺阿波おどり大会&Depeche Mode
暑い日が続きます、洗濯物が面白いほど乾く乾く、面白いです。(笑)



d0130837_9115139.jpg


そして、マイタウン高円寺では、昨日今日と阿波おどり大会(大会って…笑)が開催されています。ええ、祭り好きですとも!行ってしまいますーお天気にも恵まれ、夕べも楽しんできました。おしゃまな子供たち、色めく若い子たち、渋いけれど格好いいベテランのおじ様たち、艶めくおば様たち(笑)、幸せいっぱいの笑顔で踊って、囃していました。私はあの和太鼓の音が大好きで、ひとりトランス(笑)。あの混雑には、少々閉口しますが(年々凄いことになってます)、やっぱり嬉しいです、マイタウンのお祭り騒ぎ。

1時間ほど踊りを楽しんだ後に美味しいものを買って帰ります。私のお目当ては、沖縄料理店泡瓶の沖縄ソバで作った塩焼そば(美味い!)と、インドカレー屋さん(名前忘れた)のサモサ、これがあれば何もいらない。あ、美味しいワインもね(笑)、夕べは、スペインのカバ(スパークリングワイン)を頂きました。お祭りですから、飲まなきゃ。今日も行きたいなー




d0130837_102745.jpg
Depeche Mode "Sounds of the Universe"

Depeche Mode、憶えてますか?
Sylvain ChuveauのAn Acoustic Tribute to Depeche Mode "DOWN TO THE BONE"を聞いていたら、どうしてる?と思い検索、昨年、ニューアルバムをリリースしていました。

変わらないです、良い意味で、Depeche Modeです。(笑)
個人的には、波のようにDepeche Modeが聞きたくなる時があって、しばらく聞いていることがあります。彼ららしい音はもちろんだけれども、このバンドのヴォーカル力、これが魅力、らしさだと思います。全然、衰えてない。メンバーの健康状態(精神状態も)気になるところだけれども、なんだか感動しています。


今日は日曜日、みなさま、素敵な一日を!
[PR]
by allisfulloflov | 2010-08-29 09:49 | エトセトラ・音楽
●暑中お見舞い申し上げます
d0130837_9521571.jpg


ネクタリンの赤、きれい。

皆さん、暑い夏に負けてませんか?
いや、勝てない(笑)、上手く付合っていきましょう。

昨日、少しだけクールダウンしました、杉並。
気温も28度くらいまで下がり雨も降って、庭の木々も喜んでいるかのよう。
そういえば先日、不在の家人(庭担当)の代わりに夕方、庭で水撒きをしていたら、
蚊が…

私、蚊を見ると性格が変わるのです。(笑)
あの痒み、耐えられないのです。
なので刺されるときっと血圧アップしています。

という訳で、庭に出る時は虫よけスプレーとラベンダーオイルと長袖etc…しっかり防備したはずが…耳、刺されました。きっと刺す場所がなくて、仕方なく刺したんでしょうけど(→蚊)、耳の痒みは独特ですねー痒いというより痛痒い。耳なし芳一を思い出しました。あ、彼の痛み(恐怖)に比べれば、たいしたことないですね、ごめんなさい。(笑)

でも蚊、嫌い。







今朝の音楽


d0130837_9523824.jpg

dextro "winded"

スコットランドのDextro(aka Ewan Mackenzie)の2009年にリリースされた2ndアルバム。夏から秋への黄昏れメランコリーな気分に溺れそう。時折の音に懐かしさを感じたりも…涙腺というよりも心が潤みます。LINUS RECORDSで購入。

http://www.dextro.co.uk/

過去関連エントリー
http://fulloflove.exblog.jp/10911120







ここ数日、仕事中はユーミン聞いてます。1981年の「昨晩お会いしましょう」(大好き)から、80年代にリリースされたアルバムを聞いてます。改めてこの方って凄いと思います。音楽性もさる事ながら、彼女の感性、そこから紡ぎ出される言葉の妙、輝いています。
それから、若過ぎて実は理解していなかったことが、たくさんあったことを思い知らされます。



d0130837_9525543.jpg
[PR]
by allisfulloflov | 2010-07-30 09:54 | エトセトラ・音楽
●高円寺の時計屋さん(今日はもうひとつ)
部屋で探し物をしていたら、昔買った安物のアンティーク風な腕時計が出てきて、普段使いにいいかもと思い、高円寺の時計屋さんで電池を入れ替えてもらう。動き出した小さな秒針が、とても愛おしく感じられて。後日、その時計のチェーンがはらっと切れてしまい(はらっという感じだった)、又、時計屋さんに行って修理をお願いした。修理代はなんと500円…安い。雑貨屋さんで買った玩具みたいな時計なのに、大事に電池を入れ、修理してくれる姿に感動。

その時計屋さん、かなり古いお店だと思われ、御年配の男性の方ともう1人、職人と言うか技術者というプライドを持って仕事してますなオ-ラを醸し出している60歳くらいの男性との二人が静かに仕事をしている。時計はもちろん、宝飾品(アクセサリーと言うよりも)も陳列されていて、全てがアンティークに見えるような古い商品で、つまりはあまり商品が売れているようではなく、その時計屋さんの中で昭和がとどまっているようで不思議な気分になってしまう。それがそう悪くなくて、いえ、実はとても面白い。時計の調整が終わるまで、レトロなネックレスやブローチ、指輪などを眺めながら、かつてこの時計屋さんで素敵なドラマが生まれたこともあったのだろうと思い、少しだけ切なくなった。

役割を終えたような感じもあるのは否めない、でもできるだけ長く在り続けて欲しいと思う。


今朝の音楽


d0130837_1043674.jpg

Juana Molina "tres cosas"(2002)

このアルバムが一番好きかな。

Juana Molina Official site

http://www.myspace.com/juanamolina
[PR]
by allisfulloflov | 2010-07-17 10:11 | エトセトラ・音楽
●札幌へ、少し早めの夏休み
先週末から札幌へ行ってました。
ワールドカップの熱気の影響?、札幌なのに東京みたいな暑さが続き、お日様さんさんで日焼けして帰って来ました。(笑)いつもならこの時期、暑くもなく寒くもなく清々しい気候が売りのはずなのですが、うーん、私が東京から暑さを持ち帰ったなどと言われても…(実家の父母よ)本当に札幌が暑かったので羽田に着いた時も全く違和感を感じませんでした。

5泊6日の一人旅、楽しかったです。もう独身のふりはできないけれど…(笑)
札幌でお世話になった皆様、本当にありがとうございました~御無沙汰続きの不届きものを歓迎して下さって涙が出ました。東京に帰りたくないなーと思う自分と遊んでばかりもいられないでしょというもう1人の自分を楽しんでみたりもして、でも結局、東京の暮しが気に入っているのでちゃんと帰りました。

そして一夜明けて…
今日は、いつも私が新千歳空港で必ず購入してくるお土産(自分用)を御紹介します。


d0130837_10235763.jpg
左から、ラベンダーのエッセンシャルオイル(アロマオイル)、ラベンダーのリネンウォーター、ラベンダーのルームフレグランス。

これらは『ファーム富田』というところの商品で、新千歳空港2階の『耕人舎クラフトスタジオ』で購入できます。

札幌で生活していた頃は、ラベンダーの香りが苦手だったのに、東京で生活するようになってから、ラベンダーの香りが大好きになりました。大好きというよりも生活の中で手放せない香りになりました。寝るまぎわまで仕事をして、神経が高ぶっている時に枕にオイルを一滴、蚊のパラダイス(笑)、庭に出る時に足首に一滴(蚊に刺されません)、その他、頭痛、痒み、痛みに効きます。お風呂に数滴入れて、リラックスという使い方もあります。

そしてなにより、故郷の香りなのです。
最近、とても恋しくなる瞬間があります。
歳のせいでしょうか…
ラベンダーの香りに包まれて、恋しているみたいに数日ホームシックかもしれません。







今朝の音楽


d0130837_10251914.jpg



なぜか?ここのところずっとsadeなのです。
[PR]
by allisfulloflov | 2010-07-01 10:30 | エトセトラ・音楽
●ホガナスケラミック情報
大好きなスウェーデンのストーンウエア、ホガナスケラミックの廃番カラー、アクアのマグカップとアクアとカカオのスーププレート&ディナープレートなどがとてもお安くなっていますよー

気になっていた方々、この機会にいかがですか?
決して、まわし者でもアフィリエイトでもないのですが、本当に美しい発色をする器なので御案内します。今後、もう買えないと思われます。
コチラ

d0130837_158215.jpg


このマグカップは、ルックスも良いのですが、口あたりが本当に滑らかで、初めて使った時に感動しました。(あ、感動が多い私ですが、苦笑)
スーププレートは、我が家ではスーププレートとしてだけでなく、パスタ、お蕎麦、うどん、焼そば、サラダ、カレー、野菜の煮つけ、チャーハン、パンや果物を盛りつけたり、と色々使える大きさで重宝しています。

色についてですが、カカオは、本当にどんなお料理を盛り付けても良い感じになります。本当に洋食器とは思えないくらい和食に合うところが二重丸、お手持ちの和食器との相性もいいと思います。アクアに関しては、こんな色の食器はありえないーと思っても、手に取ってみると分かります、その素晴らしさが、いやーすみません、ぞっこんなので。(笑)



関連エントリー
http://fulloflove.exblog.jp/9164112
http://fulloflove.exblog.jp/10678963
d0130837_14382571.jpg
[PR]
by allisfulloflov | 2010-02-18 14:38 | エトセトラ・音楽
●高円寺は東京のインド? & Sade
先週末、札幌から友人が来たので高円寺でランチしようということになり、ニュー高円寺インディアへ。私も友人もエスニック料理大好きなので、今回はインド料理。実はこのお店の存在はずっと前から知っていたのだけれども、インド料理屋らしくないカフェのような雰囲気に「美味しいのかなぁ」という不安があって入ったことがなかった。しかししかし聞くところによると人気店ということで、行ってみることに。

やっぱりお店の中はカフェという感じだったけれども、店員さんは皆、インドの方のようでそれだけで十分、インドです。(笑)土曜日は夕方5時までランチタイムという不思議なサービス、お値段も良心的、ふっくらと焼き立てのナンは食べ放題、カレーの種類も充実していて、とても美味しかったのです。ナンのおかわりに挑みたかったのですが、お腹いっぱいで食べられません。(笑)ナンの食べ放題と言われても…なかなか2枚目、3枚目とはいかないですよね?でもお持ち帰りしたいくらい美味しいナンでした。

それにしても高円寺には、ラーメン屋さんも多いけれど、インド系カレー屋さん(日本のカレーではなく)も多い。だから東京のインド?それにしてもこの辺りでは、タイ料理や沖縄料理、創作料理みたいなお店もよく見かける。独特の食文化が存在する街かもしれない。うう、またカレーが食べたくなってきたわ。(笑)



今の音楽
d0130837_1234767.jpg
Sade "Soldier Of Love"
(背中でも素敵)

Sadeの最新アルバム。ラジオでタイトルトラック"Soldier Of Love"を聞いた時、めちゃくちゃ格好良くて興奮しました。

私がシャーデーに堕ちたのは確か1988年、昭和っぽい歌謡番組中のパリからの衛生中継(だったかな?)で初めて彼女を見た時だった。"Love Is Stronger Than Pride"のトリップホップなイントロだけで、きゅーんとしてしまうのに、歌う彼女はこの世のものと思えないくらい神秘的で美しくて、恋してしまった私、翌日すぐにCDを買いに行きました。(今ならネットオーダ-しますけど)

d0130837_1252545.jpg
Stronger Than Pride

SADEが10年ぶりとなるニュー・アルバム『Soldier Of Love』をリリース!
http://www.bounce.com/news/daily.php/21180



最後に、どーでもいいことなんですけど(笑)、久しぶりに『ブリジット・ジョーンズの日記』を見たら、コリン・ファースが素敵に見えてしまった、ヒュー・グラント好きなのに。

寒いですねーみなさん、御自愛下さい。
[PR]
by allisfulloflov | 2010-02-17 12:13 | エトセトラ・音楽
●髪を切るということ&今日の1枚
なんとなく気持ちが浮き立つのは春のせいかな、指先は冷えているのだけれども春色の日射しが部屋に入り込んでいるから、春な気分になってしまう。

春の予感に誘われて、髪を短く切りたくなった。
美容室へ行くということは、ただ単に髪だけの問題ではなく、メンタルな部分にも深く関わっていると思う。お気に入りのヘアスタイルになると、生まれ変わったような素敵な気持ちになる。大袈裟かな。

実は昨年からとても気になっていた美容室があったのだけれども、気軽に私の家から通うには少し遠くて、残念に思っていたら、なんと!その美容室が高円寺駅前の私の行動範囲内に移転していた。これは運命?くらいな勢いで(でも予約する時は気弱な感じで、笑)、行ってみた。

結果、私は生まれ変わりました。(笑)
久しぶりの嬉しい感覚に踊りたくなる位(いえ、踊りませんが)、全てにおいて素敵な美容室で、初めて行った時の違和感とか、場違いな感じとか、全く感じない空間で、接客もわざとらしくなくナチュラル、高円寺にこんな美容室があるのはとても喜ばしいこと。

かなりのショートヘア&カラリングをお願いしたのですが、髪に触れられている感じが無いくらい軽やかにスムーズにカット、過去に頭の形や髪質のことを言われ続けて何年(ん?何年?言えない言えない、笑)、一言もそんなことは言われず、思い描いていた通りのヘアスタイルに仕上がっていたのです。(ちょっと興奮ぎみ)

なんて。(笑)
私の中ではちょっとした事件。





今日の1枚。
d0130837_11432820.jpg

Rhian Sheehan "Standing in Silence"

昨年リリースされたニュージーランドのRhian Sheehanの3rdアルバム。
北欧のアーティストが作る音のような温もりや愛らしさ、センチメンタル、メランコリック、アンビエンスetc…ポストクラシカルな展開を見せる曲などエレクトロニカな引出しがたくさん。HELIOSの "Eingya"を思わせるような曲も、美しい。

ちなみに1st(2001年)、2nd(2004年)は、ちょっと懐かしいクラブっぽいBreakbeats & Downtempo(こちらも好き)なアルバムで、色々なことが出来てしまう人なのかもしれない。
LINUS RECORDSで購入。

http://www.rhiansheehan.com/
http://www.discogs.com/artist/Rhian+Sheehan
[PR]
by allisfulloflov | 2010-02-08 11:53 | エトセトラ・音楽
●寒中お見舞い & 器のこと
ここのところ、本当に寒かった。
みなさん、お元気ですか。
今日明日は、春先の陽気になるそうで、嬉しい~♪
とはいえ、冬晴れの空はインディゴブルーを思わせて、冷たくなった手を擦り合わせながら寒いのに見上げていたり、東京の冬晴れが好き。


てんてんてん...


今年もホガナスケラミックにぞっこんです。

器は元々好きで、目覚めたのは大学時代、結婚してからは家人の仕事の関係で陶芸家の作品に触れる機会が増えたり(『全国やきもの探し』)、家人自身が旅先で大人買いした器が段ボールで送られて来たりと、家中の器は作家さん物が多く、いつも作り手の気持ちに触れられる器に囲まれ恵まれていたと思う。

そして将来、2人暮らしになった時は、白磁、備前、ドイツのマイセンの青絵の器などを少なく持って暮したいなんて言っていたのに今は、ホガナスケラミックがあればいいかもしれない、などと思っている。実際使ってみると、どんなお料理にもマッチして、特に和食との相性が良いのにはいつも感動。お料理するモチベーションもぐーんとアップ、本当に。昨年から集めているこのホガナスの器は一生ものだと思っています。食器棚の中の器たちを見るとにんまりしてしまう、テーブルに並ぶ様も美しく…はは、恋人のことを話しているみたいだわ(笑)。かなり夢中なのです。

こんな素敵な工場で作られています。(器の画像もあります、あ、アフィリエイトではありません)
http://item.rakuten.co.jp/kozlife/c/0000000199/


d0130837_11381083.jpg

なんと!今月5日に廃番になったオリーブグリーンのシリーズ、残念。

こちらも綺麗(お借りします)
http://www.slowlife-style.com/hoganas-recept.html

過去関連エントリー
http://fulloflove.exblog.jp/9164112/




今日の音楽
d0130837_11395294.jpg


2006年のアルバムだけれども、いつ聞いても彼の音世界にぐいぐい引き込まれてしまう。
お気に入りのアルバム。

過去関連ブログ
http://blog.livedoor.jp/maribinoche/archives/50437775.html
[PR]
by allisfulloflov | 2010-01-19 11:48 | エトセトラ・音楽
●春が囁いている
先週末の暖かさは、あまりにも突然過ぎて戸惑ってしまった。春が来るのは嬉しいけれど、なんだかびっくり。こんな“突然”はこれからもっと多くなっていくのかな。

先日、お花屋さんから連れ帰って来たガーベラの鉢植え、鮮やかな色の花が多い中、ちょっと彩度の落ちたオレンジというより朱色のガーベラを選んでみる。



d0130837_10511146.jpg



だんだん蕾が色をつけて大きくなって来て、それを見るのが楽しい。
蕾が大きくなっていく様は、なんだか春が囁いているよう。
右は多分(ん?)、バラ咲きポリアンサというお花、蕾がぞくぞくと。
(今日はブログらしいブログ、笑)



d0130837_10562320.jpgd0130837_10563218.jpg




&


今日の一枚
dakota suite "the end of trying"
d0130837_1052471.jpg



UK、リーズのdakota suiteのニューアルバム"the end of trying" 、ドイツのKaraoke Kalkよりリリース。
メンバーのChris Hooson、David Buxton、Colin DunkleyのピアノとDavid Darling(ヴェンダース映画のサントラなどを手がける)のチェロだけのインスト作品。

インストゥルメンタルという一言では言い尽くせないのに言葉にしてしまうと壊してしまいそうだから、ただ耳を傾けるだけ、静寂に彼の心を聞くだけ。

official site
http://www.dakotasuite.com/

my space
http://www.myspace.com/dakotasuite

boomkat
http://www.boomkat.com/item.cfm?id=134707

過去関連ブログ
http://blog.livedoor.jp/maribinoche/archives/50843144.html

追記:David Darlingで調べてみたら、ゴダールの『愛の世紀』(見たけど記憶が飛んで(笑))、ドイツ映画『マーサの幸せレシピ』などにも関わっていたようです。
[PR]
by allisfulloflov | 2009-02-17 11:09 | エトセトラ・音楽
●新しいメールアドレスにつきまして
2月に入ってから、御案内している新しいメールアドレス(niftyの方)へ送信して下さった方で、送信できなかった、こちらからの返信メールが届かない等おかしいな?と思われた方はこちらのコメント欄に“ 非公開コメント”として御連絡下さい。よろしくお願い致します。


今日の一枚
d0130837_17181020.jpg



首を長ーくして待っていたスウェーデンの女性4人組、AUDREYの新作"THE FIERCE AND THE LONGING"。
ビョークに似た北欧声(私命名)とストリングスやホーンが絶妙にマッチして、陰りのあるメロディーラインがくっきりと輪郭を見せる。1stは今でも愛聴盤なのだけれども、2ndもとても好き。

オフィシャルサイト
http://www.audrey.se/

過去関連ブログ
http://blog.livedoor.jp/maribinoche/archives/50844116.html
[PR]
by allisfulloflov | 2009-02-11 17:20 | エトセトラ・音楽



ビョーク大好き、音楽依存症な洋服屋の徒然
by allisfulloflov
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
twitter
LINK
カテゴリ
全体
音楽・映画・TV
写真・アート・音楽
eat・音楽
エトセトラ・音楽
洋服屋エゴセントリックビノシュ
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧