● 『Paris』(2008年フランス) & ENCRE "FLUX"
d0130837_923580.jpg
『Paris』(2008年フランス)

フランス人になって(日本人としてではなく)パリに住んでみたい~と思わせるような映画でした。パリで生きる、人種も年齢も職業も異なるさまざまな人々の群像劇、監督は『スパニッシュ・アパートメント』(この映画良かった~)のセドリック・クラピッシュ。

出会いと別れ、彼らの人生には、いつも恋(ときめきでもあり、痛みでもある)が寄り添っていて、それもとてもナチュラルに。

なんとなくマイケル・ウィンターボトム監督の『ひかりのまち』(1999年イギリス)を彷彿とさせるものがありました。

d0130837_9431574.jpg
こちらは、ロンドンが舞台、この映画も素敵。


お話戻しまして、

ジュリエット・ビノシュが美しい(ほとんどノーメイクだったらしい)、苛立っている横顔でさえ、こんな風に年齢を重ねていきたいと思いました。これからもあなたのファンです。

そういえば、昨年のカンヌ映画祭でビノシュが主演女優賞を受賞した『トスカーナの贋作』(2010年、フランス、イタリア)、2月19日からロードショーです。これは劇場で観ます~




今朝の音楽


d0130837_9523427.jpg
ENCRE ”FLUX"

今朝というか、ここ数日、ENCREを聞いています。気分はフランスかしら?
囁いてます、フランス語で。

関連エントリー
http://blog.livedoor.jp/maribinoche/archives/50422762.html
レボリューショナリー・ロード』
[PR]
by allisfulloflov | 2011-01-24 09:59 | 音楽・映画・TV
<< ● 『インセプション』(201... ● 『ずっとあなたを愛してる』... >>



ビョーク大好き、音楽依存症な洋服屋の徒然
by allisfulloflov
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
twitter
LINK
カテゴリ
全体
音楽・映画・TV
写真・アート・音楽
eat・音楽
エトセトラ・音楽
洋服屋エゴセントリックビノシュ
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧