●  『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 & ZEGUNDER
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(2008年アメリカ・イギリス)を観ました。
(“燃え尽きるまで”って…また誤解を招くようなタイトルを~情熱的な恋愛映画みたいですが、まったく違います、ヒューマンドラマです。誰?こんな邦題付けたの)


d0130837_8563564.jpg

オスカー受賞作「アメリカン・ビューティ」や、「ロード・トゥ・パーディション」 などの作品で知られる英国出身の米映画監督、サム・メンデスがリチャード・イェーツの小説「家族の終わりに」を映画化したヒューマン・ドラマ。

かなり若い頃、結婚なんてしたくないと思っていた私(結婚している)の理由が映像化されているようで、ちょっとびっくり。原作「家族の終わりに」は、1950年代のアメリカを背景にした小説、郊外にマイホーム、絵に描いたような家族生活の夢~この頃から始まっていたのね、なんて妙に納得してしまいました。

出会って恋におちて、結婚して、子供が生まれ、家を買い…
男は夫となり、女は妻となる、夫、父親としての役割、妻、母親としての役割…
幸せな家族生活の中、何かが砂のように指の間からこぼれていくような感覚に苛まれ、そして壊れていく…

主演は『タイタニック』(ビデオもDVDもサントラも持っているという、かなりのミーハーぶりを発揮させられた作品、笑)で共演したケイト・ウィンスレットとデオナルド・ディカプリオ、彼らの演技者としての成熟ぶりも素晴らしかったです。

それにしてもケイト・ウィンスレットって、怖い(本音)女優さんです。『愛を読むひと』(2008年アメリカ/ドイツ)に続き、この映画を観てしまった私、ケイト・ウィンスレットの演技にかなりの衝撃を受けてしまいました。やっぱり凄いです、この人。

そういえば、マイケル・ウィンターボトム監督の『日蔭のふたり』(1996年イギリス)を観た時にも、ケイト・ウィンスレットの存在感に圧倒されたました。映画そのものもかなりヘヴィーだったこともありますが、忘れられません。

実は…ディカプリオのファンでもあるのですが(笑)、彼もケイトに負けないくらい好演しています。年齢を重ねた彼は、以前にも増して深い演技を見せてくれます。この人はもっと、評価されてもいいと思うのですが、オスカー獲らせてもらえませんねー

かなり重いテーマですが、現代にも通じる普遍性をはらむ映画だと思います。



今朝の音楽


d0130837_1025518.jpg

Zegunder "Distant Birds? Thought They Were Leaves..."

イスラエルのAlosha TsinovoiとGil Cohenによる2人組ユニット、Zegunderの
2004年リリースのフルアルバム、春を待つ季節にぴったり。
7年も経ってしまったのですね、今どうしているのでしょう?

過去関連エントリー
http://blog.livedoor.jp/maribinoche/archives/13371705.html
[PR]
by allisfulloflov | 2011-01-17 10:15 | 音楽・映画・TV
<< ● 『ハート・ロッカー』(20... ● CocoRosie &qu... >>



ビョーク大好き、音楽依存症な洋服屋の徒然
by allisfulloflov
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twitter
LINK
カテゴリ
全体
音楽・映画・TV
写真・アート・音楽
eat・音楽
エトセトラ・音楽
洋服屋エゴセントリックビノシュ
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧